検索

関連リンク

  • 1 筑波大学
  • 2 筑波大学次世代ロボティクス・サイバニクス学域
  • 3 筑波大学サイバニクス拠点(グローバルCOE)
  • 4 最先端研究開発支援プログラム
  • 5 Cyberdyne
  • 6 Cyberdyne Studio

口頭発表・予稿集

年代別インデックス: 2016年度2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度 2005年度 2004年度 2003年度 2002年度 2001年度 2000年度 1999年度 1998年度 1997年度 1996年度 1995年度 1994年度 1993年度 1992年度 1991年度

2016年度 

    • Ryoichiro Shiraishi, Hiroaki Kawamoto and Yoshiyuki Sankai, "Training System Using Ground Reaction Force of the Affected Leg," SICE Annual Conference 2016, pp.1502-1507, Tsukuba, Japan, 21 Sep. - 23 sep., 2016
 
    • Ryoichiro Shiraishi, Hiroaki Kawamoto and Yoshiyuki Sankai, "Development of Sit-to-Stand and Stand-to-Sit Training System for Hemiplegic Patients," Proc. Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, pp. 4567-4572, Orlando, Florida USA,August 16-20, 2016
 

2015年度 

    • 山海嘉之 , "革新的サイバニックシステムによる未来開拓〜テクノピアサポートの時代に生きる〜",社会技術レポート No44「科学技術と知の精神文化 講演録-38-1」, 国立研究開発法人科学技術振興機構,12月8日,2015. 関連URL:https://ristex.jst.go.jp/public/books/report.html
 
    • Takehiro Fujita, Yoshiyuki Sankai, "Development of Motion Control Algorithm for Upper Limb Support System Based on Bioelectrical Signals for Heavy Work over Head", proceedings of 2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2015), pp.181-186, Nagoya, Japan, Dec. 11-13, 2015
 
    • Koichi Murata, Akira Matsushita, Kosaku Saotome, Hiroaki Kawamoto, Yoshiyuki Sankai, “Magnetic Resonance Compatible Stimulation Device Capable of Providing Passive and Active Finger Movements”, IEEE-ROBIO,2015
 
    • 白石僚一郎,山海嘉之 , "片麻痺患者のための立ち上がり運動支援システムの開発",生体医工学シンポジウム2015, 岡山,9月24-25日,2015.
 

2014年度 

    • ハサンモダル,門根秀樹,鈴木健嗣,山海嘉之 , "歩行補助杖と装着型センサを利用した歩行計測に基づく外骨格ロボット制御",日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会予稿集,3P2-H03, 富山,5月25-28日,2014.
 
    • 河本浩明,門根秀樹,桜井尊,有安諒平,上野有希子,江口清,山海嘉之 :"片麻痺を有する人のための非麻痺側の歩容を活用したロボットスーツHALの歩行支援と臨床応用",日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会予稿集,1P1-F01, 富山,5月25-28日,2014.
 
    • 上野有希子,江口清,門根秀樹,有安諒平,久保田茂希,入江駿,河本浩明,中田由夫,松下明,坂根正孝,山海嘉之, "脳卒中患者1例に対するロボットスーツHALを用いた歩行プログラム前後の歩容評価", 第49回日本理学療法学術大会, 横浜, 5月30-6月1日, 2014.
 
    • 江口清,久保田茂希,有安諒平,上野有希子,中田由夫,門根秀樹,松下明,五月女康作,坂根正孝,山海嘉之, "脊髄損傷患者のリハビリテーションにおける装着型ロボットの応用",第51回日本リハビリテーション医学会学術集会,名古屋,6月5日-7日,2014.
 
    • Modar Hassan, Hideki Kadone, Kenji Suzuki and Yoshiyuki Sankai, "Body synergy based exoskeleton control designed for hemiplegia", Proceedings of the International Society for Gait and Posture Research (ISPGR2014), P1-N74, Vancouver, June 29-July 3, 2014.
 
    • Hideki Kadone, Yukiko Ueno, Kiyoshi Eguchi, Ryohei Ariyasu, Shigeki Kubota, Shun Irie, Hiroaki Kawamoto, Yoshio Nakata, Akira Matsushita, Masataka Sakane and Yoshiyuki Sankai, "A Case Study on Gait Improvement after Clinical Program using Robot Suit HAL in a Stroke Patient", Proceedings of the International Society for Gait and Posture Research (ISPGR2014), P2-N69, Vancouver, June 29-July 3, 2014.
 
    • Kubota S, Eguchi K, Nakata Y, Kamibayashi K, Ariyasu R, Ueno Y, Kawamoto H, Sakane M, Yamazaki M, Sankai Y. A new rehabilitation technique using the robot suit HAL in chronic incomplete spinal cord injury. The 60th Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society, New Orleans, USA, 2014.5.15-18.
 
    • Kousaku,Saotome;Matsushita,Akira;Kadone,Hideki;Sankai,Yoshiyuki;Nakai,Kei;Matsumura,Akira. A Head Fixation Method for fMRI During Bending and Stretching of Feet. SMRT 23rd Anuual Meeting, 10-11 May, 2014
 
    • Matsushita,Akira;Saotome,Kousaku;Nakai,Kei;Eguchi,Kiyoshi;Sankai,Yoshiyuki;Matsumura,Akira. Functional connectivity related to recovery in gait performance through robot-assistive rehabilitation of chronic gait. Joint Annual Meeting ISMRM-ESMRMB 7859, Milano, 10-16 May, 2014
 

2013年度 

    • Shinichi Tsujimura and Yoshiyuki Sankai, "Attachment Design of an Automatic Thrombus Monitoring System Using Multiple Optical Emitters and Detectors for an Extracorporeal Pulsatile Artificial Heart," Proc of The 15th International Conference on Biomedical Engineering(ICBME 2013), Singapore, Dec. 4-7, 2013
 
    • Alexsandr Igorevitch Ianov. Hiroaki Kawamoto and Yoshiyuki Sankai, "Development of Noise Resistant Hybrid Capacitive-Resistive Electrodes for Wearable Robotics, Computing and Welfare," IROS 2013: IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, November 3-8, 2013, Japan
 
    • Naoto Shiraishi, Yoshiyuki Sankai, "Pulse Transit Time Measurement Method with Artifact Tolerance for Home Healthcare", International Conference on Mechatronics and Automation (IEEE ICMA2013), Takamatsu, Japan, Aug.4-7, 2013
 
    • 池田 貴公, 松下 明, 五月女 康作, 長谷川 泰久, 山海 嘉之, 歩行模擬動作提示時のfMRI計測予備実験,日本ロボット学会学術講演会, 1K2-03(1-4), 2013.9.4, 首都大学東京
 
    • 江口清, 久保田茂希, 有安諒平, 中田由夫, 上林清孝, 河本浩明, 吉岡友和, 坂根正孝, 山海嘉之, 落合直之. ロボットスーツHALを用いた歩行練習を行った変形性膝関節症の一例. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013.6.13-6.15,東京
 
    • 江口清, 久保田茂希, 有安諒平, 中田由夫, 上林清孝, 河本浩明, 坂根正孝, 山海嘉之, 落合直之. 筋疾患患者における装着型ロボットHALを利用した歩行訓練についての予備的検討. 第50回日本リハビリテーション医学会学術集会, 2013.6.13-6.15,東京
 
    • 有安 諒平, 江口 清, 上野 有希子, 久保田 茂希,河本 浩明 ,中田 由夫, 坂根 正孝,山海 嘉之. 変形性関節症患者に対するロボットスーツHALを用いた訓練効果の検討.第35回国立大学リハビリテーション療法士学術大会, 2013.9.14, 浜松
 
    • 江口 清,坂根 正孝,山崎 正志,落合 直之,山海 嘉之,装着型ロボットを用いた脊髄障害患者のリハビリテーション,第62回東日本整形災害外科学会,2013.9.19-2013.9.21,軽井沢
 
    • Akira Matsushita, Kousaku Saotome, Kei Nakai, Hideo Tsurushima, Kiyoshi Eguchi, Yoshiyuki Sankai, Akira Matsumura. Motor task-evoked brain activity changes before and after robot-assistive rehabilitation of chronic gait impairment. 9th Biennial 2013 Minnesota workshops on high and ultra-high field imaging, Oct 11-13, 2013, Minneapolis
 
    • Takahiro Ikeda, Akira Matsushita, Kousaku, Saotome, Yasuhisa Hasegawa, Yoshiyuki Sankai. Preliminary report of brain activities during active and passive gait-like motion. 6th International IEEE EMBS Conference on Neural Engineering, 6-8 November 2013, San Diego
 
    • Andrey Mikhailov, Kousaku Saotome, Akira Matsushita, Yoshiyuki Sankai. Traceable chitosan implants with controllable protein release. 6th International IEEE EMBS Conference on Neural Engineering, 6-8 November 2013, San Diego
 
    • Andrey Mikhailov, Kousaku Saotome, Akira Matsushita, Yoshiyuki Sankai. Chitosan implants for controllable protein release. 6th International IEEE EMBS Conference on Neural Engineering, 6-8 November 2013, San Diego
 
    • 五月女 康作,松下 明,門根 秀樹,池田 貴公,長谷川 泰久,山海 嘉之,松村 明 屈伸運動中fMRIにおいて頭部の動きを減少させる固定方法の検討 第41回日本磁気共鳴医学会 2013.9.19-21 徳島
 
    • 松下明、五月女康作、中井啓、鶴嶋英夫、江口清、山海嘉之、松村明 ロボットスーツを用いたリハビリテーション前後のfMRIの比較 第41回日本磁気共鳴医学会 2013.9.19-21 徳島
 
    • 松下明、五月女康作、中井啓、鶴嶋英夫、江口清、山海嘉之、松村明 慢性期HALリハビリテーションによる下肢運動時fMRI所見の変化 第15回日本ヒト脳機能マッピング学会 2013.7.5-6, 東京
 
    • Yosuke Eguchi, Hideki kadone and Kenji Suzuki, ”A Standing Mobility Vehicle with Passive Exoskeleton Assisting Voluntary Postural Changes”, Proceedings of the 2013 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2013), Tokyo, November 3-7, 2013. (to appear)
 
    • ハサンモダル,門根秀樹,鈴木健嗣,山海嘉之, ”歩行補助杖を用いた上肢・下肢協調に基づく外骨格ロボット制御”,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会予稿集,1A2-D01,筑波,5月22-25日,2013.
 
    • ハサンモダル,門根秀樹,鈴木健嗣,山海嘉之, ”Exoskeleton Robot Control with a Walking Aid for Hemiplegia”, 第31回日本ロボット学会学術講演会予稿集, AC2S2-03, 東京, 9月3-5日, 2013.
 

2012年度 

    • 村田耕一,松下明,五月女康作,河本浩明,松村明,山海嘉之,“MRI対応感覚刺激装置の開発",第42回日本神経放射線学会,2013.2.15-16,北九州
 
    • 松下明、井原哲,吉川文人,阿久津博義,中井啓,鮎沢聡,増本智彦,山海嘉之,松村明, Cine-MRIを用いたキアリ奇形1型患者の脳幹の動きの変化の検討,第42回日本神経放射線学会,2013. 2.15, 小倉
 
    • 五月女康作, 松下明,門根秀樹,池田貴公,長谷川泰久,山海嘉之,松村明, 屈伸運動中のfMRIにおける頭部を安定させる新しい固定方法, 第42回日本神経放射線学会, 2013.2.15, 小倉
 
    • Shigeki Kubota, Yoshio Nakata, Kiyoshi Eguchi, Kiyotaka Kamibayashi, Ryohei Ariyasu, Hiroaki Kawamoto, Masataka Sakane, Yoshiyuki Sankai, Naoyuki Ochiai, “New technique for rehabilitation using the robot suit HAL: a feasibility study” ORS: Orthopaedic Research Sociaety Annual meeting 2013  (2013米国整形外科基礎学術集会), Henry B. Gonzalez Convention Center Exhibit Hall, San Antonio, Texas, USA, 2013.1.26-1.29 (ポスター発表)
 
    • 中西大輔,末岡裕一郎,杉本靖博,大須賀公一,山海嘉之, "McKibben型空気圧アクチュエータを有する二次元脚ロボットの安定性に関する実機検証", 計測自動制御学会第13回SI部門講演会, 2012.12.20, 博多
 
    • Kousuke Hiramatsu, Yoshiyuki Sankai, “Development of 3D Visual Feedback System for Cybernic Master System”, 2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII2012), December 16-18,2012, Fukuoka, Japan
 
    • Takumi Taketomi, Yoshiyuki Sankai,"Stair Ascent Assitance for Cerebral Palsy with Robot Suit HAL", 2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII2012), December 16-18,2012, Fukuoka, Japan
 
    • Ryotaro Sabe, Tomohiro Hayashi, Yoshiyuki Sankai,"Visual Feedback System Showing Loads on Handrails for Gait Training",2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII2012), December 16-18,2012, Fukuoka, Japan
 
    • Hayato Koba, Kinichi Nakata, Yoshiyuki Sankai, “Noise-Resistant Vascular Parameter Identification for Artery Testing,” 2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII2012), December 16-18,2012, Fukuoka, Japan
 
    • Alexsandr Igorevitch Ianov, Hiroaki Kawamoto, Yoshiyuki Sankai,“Wearable Parallel Processing Based High-Resolution High-Speed Electroencephalogram Monitoring Integrated System”, 2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration(SII2012), December 16-18,2012, Fukuoka, Japan
 
    • Handdeut Chang, Yasuhiro Sugimoto, Koichi Osuka and Yoshiyuki Sankai, "Self-Stabilizing Function of Two Dimensional human Lower Limb Musculoskeletal System", 2012 IEEE Int. Conf. on Robotics and Biomimetics (ROBIO2012), 2012.12.11, Guangzhou, China
 
    • 有安諒平, 上林清孝, 久保田茂希, 河本浩明, 中田由夫, 江口清, 山海嘉之, 落合直之, “ロボットスーツHALを用いた歩行訓練の効果についての検討”, 第28回日本義肢装具学会学術大会, 名古屋, 2012.11.10
 
    • 上林清孝, 河本浩明,江口清,山海嘉之,ロボットスーツHALを用いた歩行訓練による機能改善事例,生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会 2012(LIFE2012),2012.11.2,名古屋
 
    • IKEDA Takahiro, MATSUSHITA Akira, SAOTOME Kosaku, HASEGAWA Yasuhisa and SANKAI Yoshiyuki,“Pilot study of floor-reactive-force generator mounted on MRI -compatible lower-extremity motion simulator-”,The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012), Portugal, October 7-12, 2012
 
    • Yasuhisa Hasegawa, Tetsuri Ariyama and Kiyotaka Kamibayashi,“Pinching Force Accuracy Affected by Thumb Sensation in Human Force Augmentation”,The 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012), Portugal, October 7-12, 2012
 
    • Modar Hassan, Hideki Kadone, Kenji Suzuki, and Yoshiyuki Sankai,"Exoskeleton Robot Control based on Cane and Body Joint Synergies"Proceedings of the 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Vilamoura, Algarve, Portugal, October 7-12, 2012
 
    • Takahiro Ohba, Hideki Kadone and Kenji Suzuki, "An Elastic Link Mechanism Integrated with a Magnetorheological Fluid For Elbow Orthotics", Proceedings of the 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Vilamoura, Algarve, Portugal, pp.2789-2794, October 7-12, 2012
 
    • Daisuke Nakanishi, Yuichiro Sueoka, Yasuhiro Sugimoto, Masato Ishikawa, Koichi Osuka and Yoshiyuki Sankai, "Emergence and Behavioral analysis of Three-Dimensional Quasi-Passive Dynamic Walking by Excitation of Lateral Rocking", 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012), 2012.10.8, Vilamoura, Portugal
 
    • Masato Ishikawa, Takaaki Kato, Yasuhiro Sugimoto, Koichi Osuka andYoshiyuki Sankai, "Tripedal Walking Robot with Fixed Coxa driven byPeriodic Rocking", 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012), 2012.10.8, Vilamoura, Portugal
 
    • Takeshi Kibayashi, Yasuhiro Sugimoto, Masato Ishikawa, Koichi Osuka and Yoshiyuki Sankai, "Experiment and Analysis of Quadrupedal Quasi-passive Dynamic Walking Robot "Duke"", 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012), 2012.10.8, Vilamoura, Portugal
 
    • 鍋嶌厚太, 新宮正弘, 河本浩明, 山海嘉之, CYBERDYNEのリスク管理方法と安全規格への貢献, 第30回日本ロボット学会学術講演会, 2012年9月20日, 札幌コンベンションホール,北海道
 
    • Hiroaki Kawamoto, Kanako Yamawaki, Kiyoshi Eguchi, Yoshiyuki Sankai,Gait Training with Robot Suit HAL, for Stroke Patients: A Case Report,The 30th annual conference of the robotics society of Japan, September18, 2012, Hokkaido, JAPAN
 
    • 池田 貴公, 松下 明, 早乙女 康作, 長谷川 泰久, 山海 嘉之, “MRI適合性を有する下肢動作提示システムの基本性能評価”,日本ロボット学会学術講演会, 4C3-3(1-4), 2012
 
    • 木林傑,杉本靖博,石川将人,大須賀公一,山海嘉之, "揺動を利用した四脚準受動的動歩行の運動解析", 第30回日本ロボット学会 学術講演会,2012.9.17,札幌
 
    • 五月女康作,松下明,門根秀樹,池田貴公,長谷川泰久,山海嘉之,下肢屈伸運動時f-MRIにおける頭部固定法の検証,日本磁気共鳴医学会, pp.184, 京都,9/6 2012.
 
    • Kamibayashi K, Kawamoto H, Sankai Y. Aftereffects of robotic-assisted treadmill walking on the locomotor pattern in humans. 34th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC2012), 2012.8.30, San Diego, USA.
 
    • Tsujimura S, Nabekura Y, Sankai Y: Development of a Web-based Training Management System to Assist Training for Citizen Runners, 2012 IEEE International Symposium on IT in Medicine & Education, Hokkaido, Japan, Aug. 3–5, 2012
 
    • Kanako Yamawaki, Ryohei Ariyasu, Shigeki Kubota, Hiroaki Kawamoto, Yoshio Nakata, Yoshiyuki Sankai, Kiyoshi Eguchi, and Naoyuki Ochiai. Application of Robot Suit HAL to Gait Rehabilitation of Stroke Patients: A Case Study. 13th International Conference on Computers Helping People with Special Needs. Linz, Austria, July 11-13, 2012
 
    • Alexsandr Igorevitch Ianov, Hiroaki Kawamoto, Sankai Yoshiyuki, "Development of a Capacitive Coupling Electrode for Bioelectrical Signal Measurements and Assistive Device Use", 2012 ICME International Conference on Complex Medical Engineering, 2012 July 1-4
 
    • 江口清, 有安諒平, 山脇香奈子, 久保田茂希, 河本浩明, 上林清孝, 中田由夫, 山海嘉之, 落合直之. 下肢機能障害に対するロボットスーツHALの動作支援効果. 第49回日本リハビリテーション医学会学術集会. 福岡, 2012.5.31
 
    • 河本浩明,桜井尊,山脇香奈子,山海嘉之, 片麻痺疾患のための健側歩容を活用したロボットスーツHALの歩行支援, ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2012年5月29日,浜松
 
    • 五十嵐直人,門根秀樹,鈴木健嗣,山海嘉之 : 着用型発光センサスーツによる運動状態の体表上提示と認知支援,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス講演会予稿集,2A2-B03,浜松,5月27-29日,2012.
 
    • 加藤尭慧,石川将人,大須賀公一,山海嘉之, "三脚歩行ロボットMartian IIの操縦インタフェースの開発",日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012), 2012.5.29, 浜松
 
    • 長谷川泰久,副島英明,山海嘉之,上林清孝,装着型ピアノ演奏教示装置の研究・開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2012年5月28日,浜松
 
    • 中西大輔,杉本靖博,石川将人,大須賀公一,山海嘉之, "揺動励振による三次元二脚準受動的動歩行の発現と運動解析",日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012), 2012.5.28, 浜松
 
    • 木林傑,杉本靖博,石川将人,大須賀公一,山海嘉之, "準受動的動歩行ロボット"Duke"の実機実験および理論的解析",日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会(ROBOMEC2012), 2012.5.28, 浜松
 
    • Modar Hassan, Hideki Kadone, Kenji Suzuki, and Yoshiyuki Sankai : Gait Analysis with Cane for Robot Assisted Locomotion, Proceedings of ISPGR / Gait and Mental Function 1st Joint World Congress, O.14.2, pp.65, Trondheim, June 24-28, 2012.
 
    • 李鈺, 杉本靖博, 末岡裕一郎, 大須賀公一 , 山海嘉之, "胴体を有する準受動的動歩行の歩容に関する考察",第56回システム制御情報学会研究発表講演会, 2012.5.22, 京都
 
    • CHANG HANDDEUT, 杉本 靖博, 大須賀 公一, 山海 嘉之,"Lyapunov関数を用いた2次元運動に対する筋骨格系の自己安定性特性の考察", 第56回システム制御情報学会研究発表講演会,2012.5.22, 京都
 
    • Junji TAKAHASHI, Satoru SUEZAWA, Yasuhisa HASEGAWA and Yoshiyuki SANKAI,Alternative Interface System by Using Surface Electromyogram from Unusual Muscles Contraction,2012 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.4513-4518, 2012.
 
    • Kousaku Saotome, Akira Matsushita, Tomonori Isobe, Eisuke Satou, Satoru Osuka, Shinoda Kazuya, Jun Ookubo, Yoshiyuki Ishimori, Akira Matsumura, and Yoshiyuki Sankai, Comparison of Diffusion Tensor Imaging-Derived Fractional Anisotropy in Multiple Vendors, 20th Annual Meeting & Exhibition, Melbourme, Melbourme, 5/6 2012.
 

2011年度 

  • Atsushi Saito, Hybrid Sensor for Measurement of Brain Activity, 5th International Workshop on Cybernics (IWC2012), March 13, 2012
  • Hayato Koba, Testing Narrowed Artery using Blood Flow Resistance at Artery: Verifying Identified Parameter in Animal Experiment, 5th International Workshop on Cybernics (IWC2012), March 13, 2012
  • Kousuke HIRAMATSU, Development for Manipulation System with Cybernic Master Arm based on BES Variable Impedance Control, 5th International Workshop on Cybernics (IWC2012), March 13, 2012
  • Takumi Taketomi, Walking Assistance for Cerebral Palsy with Robot Suit HAL, IWC2012, 5th International Workshop on Cybernics (IWC2012), March 13, 2012
  • Hiromasa Hara, Evaluation of HAL for Lumbar Support by 3D Skeletal Model, IWC2012, 5th International Workshop on Cybernics (IWC2012), March 13, 2012
  • Naoto Shiraishi, Portable Device for Measurement of Pulse Wave Velocity, IWC2012, 5th International Workshop on Cybernics (IWC2012), March 13, 2012
  • Tasuku Otsuka, Development of Upper-limb type HAL for Meal-assistance, IWC2012, 5th International Workshop on Cybernics (IWC2012), March 13, 2012
  • 門根秀樹,鈴木健嗣,山海嘉之 : 頭部動作指標に基づく歩行支援のための装着型計測デバイスの開発,第33回臨床歩行研究会抄録集,C-4,pp.57-58,福岡,12月10-11日,2011.
  • 桜井尊, 山海嘉之, インタラクティブ化したロボットスーツHAL福祉用を用いた関節角度教示による歩行訓練支援システムの開発, 生体医工学シンポジウム2011, 2011.9.16, 長野
  • 齋藤淳, 山海嘉之, 脳活動計測のための小型ハイブリッドセンサーの開発, 生体医工学シンポジウム2011, 2011.9.16, 長野
  • Atsushi Tsukahara, Yasuhisa Hasegawa and Yoshiyuki Sankai, "Gait Support for Complete Spinal Cord Injury Patient by Synchronized Leg-Swing with HAL," Proc. of the 2011 IEEE/RSJ Int'l Conf. on Intelligent Robots and Systems (IROS2011), 2011
  • Stefan Taal and Yoshiyuki Sankai, "Exoskeletal Spine and Shoulder Girdle for Full Body Exoskeletons with Human Versatility", International Conference on Robotics and Automation ICRA2011, Shanghai, China, May 9-13, 2011
  • Yamawaki K, Kawamoto H, Nakata Y, Eguchi K, Sankai Y, Ochiai N. Gait Training for a Spinal Canal Stenosis Patient using Robot Suit HAL -A Case Report-, 6th World Congress of the International Society of Physical & Rehabilitation Medicine (ISPRM) World Congress, Puerto Rico, 2011
  • 武富卓三,山海嘉之,ロボットスーツHALによる脳性麻痺患者の随意的動作支援に関する研究,生体医工学シンポジウム2011, 2011.9.16, 長野
  • 白石直人,山海嘉之,脈波伝播速度計測による動脈硬化度の推定,生体医工学シンポジウム2011, 2011.9.16, 長野
  • 原大雅,山海嘉之,動作支援評価のための3次元骨格系モデルの開発,生体医工学シンポジウム2011, 2011.9.16, 長野
  • Tasuku Otsuka, Ko Kawaguchi, Hiroaki Kawamoto, Yoshiyuki Sankai, Meal-assistance by Robot Suit HAL using detection of food position with camera, IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO2011), December 7-11, 2011
  • 辻村真一,古口晴敏,榛沢和彦,筒井達夫,山海嘉之,Development of a Noninvasive and Continuous Thrombus Detection System for Artificial Heart Patients by using Near-Infrared Laser,生体医工学シンポジウム2011, 2011.9.16, 長野
  • 辻村真一,杉浦敦,山岸丈人,筒井達夫,山海嘉之,Development of an Integrated Sensor Unit for Noninvasive and Continuous Monitoring of the Conditions of Artificial Heart Patients,生体医工学シンポジウム2011, 2011.9.16, 長野

2010年度 

  • 長谷部浩二, 河本浩明, 松下明, 上林清孝, 山海嘉之, 人支援技術開発における臨床試験のためのガイドライン策定に向けた試み, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会, 225-228, 2010
  • 河本浩明,長谷部浩二,上林清孝,松下明,山海嘉之. 人支援型ロボットの開発における段階的な臨床試験プロセスの提案. 第28回日本ロボット学会学術講演会, RSJ20101AC2J2-3, 2010.
  • 塚原 淳, 長谷川 泰久, 山海 嘉之, 意思推定機能を有するHALによる完全脊髄損傷患者のための歩行支援 -マネキンによる歩行実験-, 第11回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2010), pp. 291-294, 仙台 (2010).
  • 大島 志織, 山海嘉之, 光センサを搭載した無侵襲プレ血栓検出システムの開発, 第13回日本栓子検出と治療学会, 2010.11.20, 福岡.
  • 大島 志織, 山海嘉之, 計算機解析とin-vitro実験による赤血球凝集の光学特性と活性化凝固時間の比較, 第13回日本栓子検出と治療学会, 2010.11.19, 福岡.
  • 大島 志織, 山海嘉之, 光学的手法を用いた栓子の無侵襲検出法, 第13回日本栓子検出と治療学会, 2010.11.19, 福岡.
  • Shiori Oshima, Yoshiyuki Sankai, "Prediction of Thrombus Formation with Non-invasive Optical Monitoring System", 18th Congress of the International Society for Rotary Blood Pumps, October 2010, Berlin, Germany.
  • Shiori Oshima, Tadashi Motomura, Yoshiyuki Sankai, and Yukihiko Nose', "In vitro assessment of cardiac recovery supported by rotary blood pump LVAD", 18th Congress of the International Society for Rotary Blood Pumps, October 2010, Berlin, Germany.
  • 佐藤帆紡, 山海嘉之, ロボットスーツHALによる移乗介助動作支援時の装着者と介助動作対象者に関する基礎的主観評価, 第28回日本ロボット学会学術講演会, RSJ2010AC2J1-7, 2010.
  • 古場隼人,中田金一,山海嘉之:動脈における血管抵抗の評価:血管系の数理モデルによる血管診断のための手法の提案.生体医工学シンポジウム2010.2010.9.10. 札幌.
  • 白石直人,山海嘉之,無線・小型で取り扱いの容易な脈波伝播速度計測装置,生体医工学シンポジウム2010,2010.9.10,札幌.
  • 木村和正,山海嘉之,青沼和隆,心房細動における心房内異常電位検出に関する研究,生体医工学シンポジウム2010,2010.9.10,札幌.
  • 白石直人,山海嘉之,在宅健康管理のための健康機器情報自動認識装置の開発,第9回情報科学技術フォーラム,2010.9.9,福岡.
  • 古場隼人,中田金一,秋山謙次,折目由紀彦,高森達也,Drost Cornelis J, 谷口由樹,山海嘉之:バイパスグラフとの吻合部における血管抵抗の推定.第15回日本冠動脈外科学会学術大会,p.106,2010.
  • Stefan Taal and Yoshiyuki Sankai, "Practical Design of Full Body Exoskeletons", International Conference on Biomedical Electronics and Devices (BIODEVICES 2010) January 20-23, 2010, Valencia, Spain

2009年度 

  • Eguchi K, Kawamoto H, Hayashi T, Sankai Y, Yoshida T, Shimizu T, Ochiai N: Use of a wearable robot — the hybrid assistive Limb — to assist walking in a stroke patient: a case report. Proceedings of the 5th world congress of the ISPRM, June 13-17, 2009
  • Shinichi Tsujimura, and Yoshiyuki Sankai, "Development of an Ultrasound Thrombolysis System for Artificial Hearts", Proc. of 2nd International Conference on Biomedical and Pharmaceutical Engineering, Singapore, 2-4, Dec., 2009,
  • Masahiro Shingu, and Yoshiyuki Sankai, "Development of Foot Pressure Feedback System with Functional Electrical Stimulation for Robot Suit HAL," Proc. of 14th Annual Conference of the International FES Society, Seoul, Korea, September 14th - 17th, 2009.
  • Hiroaki Kawamoto, Tomohiro Hayashi , Takeru Sakurai, Kiyoshi Eguchi and Yoshiyuki Sankai, "Development of Single Leg Version of HAL for Hemiplegia", Proc. of 31st Annual International Conference of the IEEE EMBS, Minneapolis, Minnesota, USA, 3-Sep-2009 to 6-Sep-2009
  • Shinichi Tsujimura, Hiroto Yamagishi, and Yoshiyuki Sankai, "Development of Data Communication System with Ultra High Frequency Radio Wave for Implantable Artificial Hearts", Proc. of 31st Annual International Conference of the IEEE EMBS, Minneapolis, Minnesota, USA,3-Sep-2009 to 6-Sep-2009
  • Shiori Oshima and Yoshiyuki Sankai, "Optical Measurement of Blood Hematocrit on Medical Tubing with Dual Wavelength and Detector Model", Proc. of 31st Annual International Conference of the IEEE EMBS, Minneapolis, Minnesota, USA, 3-Sep-2009 to 6-Sep-2009
  • Atsushi Tsukahara, Yasuhisa Hasegawa and Yoshiyuki Sankai, "Standing-Up Motion Support for Paraplegic Patient with Robot Suit HAL," Proc. of the 2009 IEEE 11th Int'l Conf. on Rehabilitation Robotics (ICORR 2009), 23-26 June,2009
  • 辻村真一, 鍋倉賢治,吉岡利貢,中村和照,宮本健太郎,藤本裕太,山海嘉之,市民ランナーを対象としたWebベースのトレーニング管理システムの開発,第22回ランニング学会大会,2010年3月13日(土)、14日(日),2010
  • 長谷部浩二,河本浩明,松下明,上林清孝,山海嘉之,治験のプロセスを基にした人支援技術開発のための実験プロトコルの策定法,第7回生活支援工学系学会連合大会,9月,2009
  • 松下明,長谷部浩二,河本浩明,上林清孝,山海嘉之,松村明, 医工連携による機器開発のための実験プロトコルの策定法 ーロボットによる人支援技術の中心にー,社団法人日本脳神経外科学学会 第68回学術総会,2009年10月14日〜16日
  • Shiori Oshima, Analysis of Pre-thrombus Blood with Development of Photon and Red Blood Cell Simulator and in-vitro Model, 2nd Hope meeting, Hakone, JAPAN, 2009
  • Shiori Oshima, Yoshiyuki Sankai, Evaluation of thrombogenic process detection with optical technology,55th ASAIO-IFAO conference, Dallas, USA,May 28-30, 2009

2008年度 

   
  • S.Tsujimura, Y.Nabekura, Y.Sankai:"Design and Construction of Training Management System with Rich Internet Application for Running in Physical Education", 2008 IEEE International Symposium on IT in Medicine & Education, Xiamen, China, Dec.12-14, 2008
  • S.Tsujimura, H.Koguchi, T.Yamane, T.Tsutsui, Y.Sankai:"Development of Noninvasive Thrombus Detection System with Near-Infrared Laser and Photomultiplier for Artificial Hearts", 13th International Conference on Biomedical Enginering,Singapore, Dec2-6, 2008
  • S.Tsujimura, N.Shiraishi, A.Saito, H.Koba, S.Oshima, T.Sato, F.Ichihashi, Y.Sankai:"Design and Implementation of Web-Based Healthcare Management System for Home Healthcare", 13th International Conference on Biomedical Enginering,Singapore, Dec2-6, 2008
  • S.Tsujimura, T.Kuwabara, H.Koguchi, T.Yamane, T.Tsutui, Y.Sankai:"Development of Failure Detection System Based on Vibration Signal for Smart Artificial: in Vitro Study", 30th Annual International IEEE EMBS Confence,Vancouver, British Columbia, Canada, 20-24 August 2008
  • S.Oshima and Y.Sankai, "Analysis of Spatial Optical Propagation in Whole Blood focusing on Mean Optical Path Length: Where is the best detecting point to acquire blood information", 16th Congress of the International Society for Rotary Blood Pumps, Abstract Booklet no. 110, 2008.

2007年度 

   
  • T.Yamane, M. Nishida, O. Maruyama, R. Kosaka, H. Kogure, H. Kawamura, Y. Yamamoto, K. Kuwana, Y. Sankai, T. Tsutsui: "Durability and Antithrombogenicity of MERA monopivot centrigugal pump", ISRBP2007 Sydney
  • Tsujimura S., Sankai Y.: "Development of Implantable High-Speed Data Communication Unit by Using Latest Bluetooth Technology", 15th Congress of International Society of Rotary Blood Pump, 2nd to Sunday 4th November 2007, 2007
  • Nagatsuka H., Nakata K., Sankai Y.: "Development of Monitoring System for Graft Failure by Parameter Identification", 15th Congress of International Society for Rotary Blood Pumps Abstract Booklet, 2007
  • Oshima S., Sankai Y.: "RBC density measurement with optical method for bleeding monitoring", 15th Congress of International Society for Rotary Blood Pumps Booklet, pp.112, 2007

2005年度 

   
  • 林知広,山海嘉之:" 人の生体力学特性を反映したロボットスーツHALによる適応的アシスト法", 第6回 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2005),2005年12月16日(金)~18日(日)
  • Hayashi T., Kawamoto H., Sankai Y.:" Control Method of Robot Suit HAL working as Opeartor's Muscle using Biological and Dynamical Information", IROS 2005, 2-6 Aug.2005
  • Kim Seong Hoon and Sankai Y.:" Task Generation for Humanoid Robot Walking using Human Motion by Pase Sequence", August 13-15, 2005
  • 辻村真一, 古口晴敏, 山海嘉之, 山根隆志, 筒井達夫:" サイバニック人工心臓のための血栓検出システム", 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演予稿集 (SI2005), pp.607-608, 2005

2004年度 

   
  • Kuwabara.T, Tsujimura.S, Koguchi.H, Yamane.T, Tsutsui.T, Sankai.Y: "Failure Detection by an Index based on Artificial Heart's Vibration", 13th congress of the International Society for Rotary Blood Pumps(ISRBP),Sept. 14-16, 2005

2003年度 

   
  • 山海嘉之: "動き始めたサイバーノイド開発プロジェクト", 第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会 (SI2003), pp.343-344, 2003
  • 河本浩明, 山海嘉之: "人間の特性・情報をパワーアシストに活かす", 第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会 (SI2003), pp.345-346, 2003
  • 李秀雄, 山海嘉之: "関節インピーダンス調整と違和感軽減", 第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会 (SI2003), pp.347-348, 2003
  • 今井晴基, 川村 祐一郎, 山海嘉之: "人間のコツを機械に取り込む:ヒューマノイドへの展開", 第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会(SI2003), pp.349-350, 2003.
  • 山海嘉之: "ヘルスケア・メディケア技術の新しい流れ", 第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会 (SI2003), pp.1160-1161, 2003
  • 小阪亮, 山海嘉之, 山根隆志, 筒井達夫: "筑波方式メディケア:人工心臓制御への展開", 第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会 (SI2003), pp.1162-1163, 2003
  • 市橋史行, 山海嘉之: "ネットワーク時代のライフマネジメント:医療と健康管理", 第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会 (SI2003), pp.1164-1165, 2003
  • 川村祐一郎, 今井晴基, 鈴木健太, 山海嘉之: "ヒューマノイドによる対人サービス", 第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会 (SI2003), pp.1166-1167, 2003
  • 古口晴敏, 山海嘉之, 榛沢和彦, 軸屋智昭, 筒井達夫: "血栓モニターにより生命を守る", 第4回計測自動制御学会システムインテグレーション部門学術講演会 (SI2003), pp.1168-119, 2003
  • 戸田英樹, 山海嘉之: "単質点近似法による多関節システムの制御と立ち上がり運動への応用", 日本ロボット学会第21回学術講演会講演予稿集 (RSJ2003), CD-ROM, 3C24, 2003
  • 鈴木健太, 今井晴基, 川村祐一郎, 山海嘉之: "人の歩行戦略を利用したヒューマノイドの不整地歩行", 日本ロボット学会第21回学術講演会講演予稿集 (RSJ2003), CD-ROM, 3A1a, 2003
  • 今井晴基, 山海嘉之: "人間動作の基本動作Phaseへの分解・再合成によるヒューマノイドの歩行動作の生成", 日本ロボット学会第21回学術講演会講演予稿集 (RSJ2003), CD-ROM, 3A19, 2003
  • 河本浩明, 山海嘉之: "筋特性を考慮したPhaseSequenceによるパワーアシスト制御手法", 日本ロボット学会第21回学術講演会講演予稿集 (RSJ2003), CD-ROM, 3F27, 2003

2002年度 

   
  • 戸田英樹, 山海嘉之: "動的な運動の為の評価関数を用いた多関節腕運動の制御", 日本ロボット学会 創立20周年記念学術講演会 講演予稿集, pp.207,2002
  • 李秀雄, 山海嘉之: "膝関節周りのEMGとインピーダンス調整に基づいたHAL-3による脚のパワーアシスト制御", 日本ロボット学会 創立20周年記念学術講演会 講演予稿集, pp.119, 2002
  • 今井晴基, 山海嘉之: "ヒューマノイドロボットに人間的動作を実現する動作獲得・学習系の開発", 日本ロボット学会 創立20周年記念学術講演会 講演予稿集, pp.86,2002
  • 川村祐一郎, 今井晴基, 山海嘉之: "人のコツに基づいたヒューマノイドの動作生成法の介護への適用", 日本ロボット学会 創立20周年記念学術講演会講演予稿集, pp.86, 2002
  • 河本浩明, 山海嘉之: "人間の動作に基づいた脚型ロボットシステムの制御法", 日本ロボット学会 創立20周年記念学術講演会 講演予稿集, pp.60,2002

2001年度 

   
  • SUWOONG LEE, YOSHIYUKI SANKAI: "Power Asssit Control for WalkingAid by HAL Based on Phase Sequence and EMG", ICCAS2001 Final Program& Abstract Book(CD-ROM)第1回353, 2001
  • 山岸宏匡, 山海嘉之, 山根隆志, 軸谷智昭, 筒井達夫: "スマート化人工心臓における非観血的小型センサシステムの開発", 日本人工臓器学会大会予稿集 第39回S-54, 2001
  • 市橋史行, 山海嘉之, 山根隆志, 軸谷智昭, 筒井達夫: "Wearable計測サーバを用いた生理系状態観測と連続流型人工心臓への適用", 日本人工臓器学会大会予稿集 第39回S-25, 2001
  • 小阪亮, 山海嘉之, 山根隆志, 軸谷智昭, 筒井達夫: "デルタオペレータを用いた体循環系生理モデルの逐次パラメータ同定", 日本人工臓器学会大会予稿集 第39回S-53, 2001
  • 中井隆雄, 山海嘉之: "表面筋電位を用いた外骨格パワーアシストシステムに関する研究", 日本ロボット学会学術講演会講演予稿集 第19回296(予稿集), 2001
  • 笠岡広太, 山海嘉之: "表面筋電位を用いた外骨格型パワーアシストHALによる段差上り動作", 日本ロボット学会学術講演会講演予稿集 第19回296, 2001
  • LEE SUWOONG, 山海嘉之: "Phase SequenceとEMGを用いた立ち座り, 歩行動作のパワーアシスト制御", 日本ロボット学会学術講演会講演予稿集, 論文集(CD-ROM) 第19回295, 2001
  • 今井晴基, 川村祐一郎, 野沢雅子, 山海嘉之: "ヒューマノイドロボットに適用するための人の動作パターン獲得システム", 日本ロボット学会学術講演会講演予稿集, 論文集(CD-ROM) 第19回270, 2001
  • 野沢雅子, 川村祐一郎, 今井晴基, 山海嘉之: "人の動作パターンを用いたヒューマノイドロボットのための動作タスク生成", 日本ロボット学会学術講演会講演予稿集, 論文集(CD-ROM) 第19回270, 2001
  • 川村祐一郎, 野沢雅子, 今井晴基, 山海嘉之: "人間の筋電・動作パターンを利用した人間型ロボットの立ち上がり", 日本ロボット学会学術講演会講演予稿集, 論文集(CD-ROM) 第19回59, 2001
  • 山根隆志, 丸山修, 豊田将弘, 宮本祐介, A.アウイデフ, F.アナズ, 筒井達夫, 軸屋智明, 重田修, 山海嘉之: "モノピボット遠心血液ポンプの血栓防止設計プロセス", 日本機械学会バイオエンジニアリング講演会 仙台, 2001

2000年度 

   
  • 古口晴敏, 山海嘉之, 榛沢和彦: "微小血栓(栓子)検出におけるレーザー計測の有効性の検討", 第3回日本栓子検出と治療研究会予稿集, pp.56-57,2000
  • 山海嘉之, 滝谷亮一, 山根隆志, 軸屋智明, 筒井達夫: "スマート化人工臓器とネットワーク医療", 日本ME学会(秋季大会)第14回オーガナイズドセッション 人工臓器とME研究会 (座長 三田村好矩), 2000
  • 山海嘉之, 川村祐一郎, 岡村純平, 李秀雄: "筋電位を用いた歩行支援のための外骨格パワーアシストシステムHAL-1に関する研究 Study on HybridPower Assist System HAL-1 for Walking Aid using EMG", 日本機械学 茨城講演会269-270, 2000
  • 川村祐一郎, 山海嘉之: "外骨格パワーアシストHALによる歩行支援に関する研究 Stady on Exoskeleton Power Assist HAL for Walking Aid usingEMG", 第18回日本ロボット学会学術講演会予稿集 Volume 1, pp.453-454,2000
  • 川村祐一郎, 山海嘉之: "表面筋電位EMGによる外骨格パワーアシストHALによる歩行支援に関する研究 Study on the Hybrid Assistive Leg using EMGfor Walking Aid", 第39回日本エム・イー学会大会予稿集, 2000
  • 古口晴敏, 山海嘉之, 榛沢和彦: "レーザーによる微小血栓(栓子)検出法", 日本医工学治療学会第14回学術大会抄録集 vol.12 supplement(1),pp.141, 2000
  • 滝谷亮一, 山海嘉之, 軸屋智昭, 筒井達夫, 中田金一: "人工心臓埋め込みのためのBioTelemetryと内部状態推定", 第28回人工心臓と補助循環懇話会抄録集, pp.34, 2000

1999年度 

   
  • 古口晴敏, 山海嘉之, 榛沢和彦: "NIR(近赤外)レーザーを用いた血栓検出法", 第2回日本栓子検出と治療研究会予稿集vol.1, pp.51-52, 1999
  • 河本浩明, 山海嘉之: "運動学習過程における制御機構の定量的解析法に関する研究", 第20回バイオメカニズム学術講演会講演予稿集, pp.57,1999
  • 飯島忠彦, 服部浩一, 山海嘉之: "Phase Sequenceを用いたタスク合成による運動制御生成", 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集Vol.3,pp.995-996, 1999
  • 服部浩一, 飯島忠彦, 山海嘉之: "Phase Sequenceを用いた適応制御系の構築", 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集Vol.3, pp.993-994,1999
  • 近藤誠人, 岡村純平, 山海嘉之: "表面筋電位を用いた歩行支援用補助装置に関する研究", 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集Vol.3,pp.1129-1130, 1999
  • 川村祐一郎, 山海嘉之: "EMG及び力センサを用いた歩行支援用外骨格パワーアシストHALに関する研究", 第17回日本ロボット学会学術講演会予稿集Vol.3, pp.1127-1128, 1999
  • 佐藤勉, 小河原崇博, 山海嘉之, 磯部大吾郎: "分散化圧電アクチュエータ制御システムの構築と人工心臓分野における基礎実験", 計測工学講演会論文集 Vol.4, pp.921-924, 1999
  • 磯部大吾郎, 清水隆太, 中村博, 山海嘉之: "圧電アクチュエータ集合体のFEM最適制御システム", 計測工学講演会論文集Vol.4, pp.913-916,1999
  • 田中博志, 國生政義, 岡村純平, 近藤誠人, 山海嘉之: "歩行機能障害者のためのHASと運動制御 Hybrid Assistive System and Motion Controllerfor Walking Aid", 第11回バイオエンジニアリング講演会 講演論文集,No.99-3, pp.140-141, 1999
  • 田中博志, 藤原清司, 山海嘉之: "創発的学習能力を有する運動系補助脳Artificial Central Nervous System for Motion Control", 第11回バイオエンジニアリング講演会 講演論文集, No.99-3, pp.138-139, 1999

1998年度 

   
  • 山海嘉之, 古口晴敏, 重田治, 軸屋智明, 筒井達夫, 三井利夫: "レーザーを用いた血栓形成状態の解析", 第36回日本人工臓器学会大会予稿集, Vol.27No.4, pp.S-45, 1998
  • 山海嘉之, 軸屋智明, 古口晴敏, 中西修, 海野英哉, 筒井達夫, 三井利夫,太田道男: "レーザーによる脊髄の虚血状態計測装置の開発", 第37回計測自動制御学会学術講演会予稿集, pp.403-404, 1998

1997年度 

   
  • 國生政義, 古口晴敏, 山海嘉之: "機能的電気刺激による生体パラメータの同定に関する基礎研究", 第12回生体・生理工学シンポジウム論文集,pp.285-288, 1997

1996年度 

   
  • 夘野, 山海: "マウスピース型マニピュレータを用いた重度身体障害者のための活動支援", 第35回SICE学術講演会, 1996
  • 佐藤博則, 山海嘉之: "仮想人体のための代謝モデルによる運動中の状態推定", 第11回 生体・生理工学シンポジウム論文集, pp.297-300, 1996

1995年度 

   
  • 夘野隆宏, 山海嘉之: "重度身体障害者のための意志伝達システムに関する研究", 第38回自動制御連合講演会, Vol.38, pp457-458, 1995
  • 吉野豪, 渡邉健一, 森山尚, 山海嘉之: "リンク系脚型ロボットのモジュール化に関する研究及び開発", 第38回自動制御連合講演会, Vol.38,pp181-182, 1995
  • 渡邉健一, 吉野豪, 森山尚, 山海嘉之: "膝関節の拘束を考慮したリンク型脚ロボットの歩行に関する研究", 第38回自動制御連合講演会, Vol.38,pp179-180, 1995
  • 藤原清司, 山海嘉之: "人工CPGによるFESコントローラとその遺伝的学習法", 第38回自動制御連合講演会, Vol.38, pp369-370, 1995
  • 新居徹哉, 山海嘉之: "ロボット制御系設計支援システムのリアルタイム制御への応用", 第13回ロボットシンポジウム, No.3, pp.1081-1082,1995
  • 山海嘉之: "メディカルヒューマンケアとロボティクス", 第5回ロボットシンポジウム, 1995
  • 新居徹哉, 山海嘉之: "ロボット制御系設計支援システムのリアルタイム制御への応用", 第5回ロボットシンポジウム, pp.41-44, 1995

1994年度 

   
  • 新居徹哉, 山海嘉之: "DSPを用いたリンク系制御システムと分散制御法", 第12回日本ロボット学会学術講演会予稿集, pp1103-1104, 1994
  • 今泉正行, 山海嘉之: "ロボット制御系設計システムの生体モデルの適用", 第12回日本ロボット学会学術講演会予稿集, No.1, pp137-138, 1994
  • 渡邉健一, 安原謙, 山海嘉之: "リンク系脚ロボットの跳躍・着地制御に関する研究", 第12回日本ロボット学会学術講演会, No.3, pp.1209-1210,1994
  • 安原謙, 渡辺健一, 山海嘉之: "GAによる跳躍運動系の自己組織化", 第4回インテリジェント・システム・シンポジウム(計測自動制御学会)FAN,pp.199-204, 1994
  • 新居徹哉, 山海嘉之: "ロボットリンク系の並列計算法とDSP処理に関する研究", 第4回ロボットシンポジウム予稿集pp131-136, 1994

1993年度 

   
  • 狩谷真一, 新居徹哉, 山海嘉之: "ロボットリンク系の並列計算法及び実装用DSP並列処理系", 第11回日本ロボット学会学術講演会予稿集 No.3,pp903-906, 1993
  • 今泉正行, 狩谷真一, 山海嘉之: "オブジェクト指向ロボット制御系設計システムと分散・並列処理", 第11回日本ロボット学会学術講演会予稿集No.3, pp907-910, 1993
  • 白井雅彦, 渡辺健一, 山海嘉之: "一足跳躍ロボットの制御に関する研究", 第11回日本ロボット学会学術講演会 No.3, pp.1095-1098, 1993
  • 安原謙, 山海嘉之: "一足跳躍ロボットのリズムパターン形成機構", 第11回日本ロボット学会学術講演会 No.3, pp.1091-1094, 1993
  • 大谷敏夫, 山海嘉之: "オブジェクト指向型仮想人体と分散処理", 計測自動制御学会第32回学術講演会予稿集, pp889-890, 1993
  • 今泉正行, 山海嘉之: "非線形系の最適ニューラルネット制御(LQN制御)",第32回計測自動制御学会学術講演会予稿集, pp245-246, 1993
  • 小林真, 林原靖男, 須田秀隆, 太田道男, 山海嘉之: "音響的視覚代行装置における画像エッジ提示の効果", 計測自動制御学会第32回学術講演会予稿集, pp.67-68, 1993
  • 須田秀隆, 林原靖男, 小林真, 太田道男, 山海嘉之: "視覚代行装置における音像定位の基礎的研究", 計測自動制御学会第32回学術講演会予稿集,pp.65-66, 1993
  • 白井雅彦, 山海嘉之: "ニューラルネットによる一足跳躍ロボットの制御に関する研究", 第5回電磁力関連のダイナミクスシンポジウム講演論文集,pp.113-116, 1993

1992年度 

   
  • 甲斐郁子, 安原謙, 山海嘉之: "神経回路網を用いた跳躍ロボットのリズムパターン形成機構", 第10回日本ロボット学会学術講演会 No.3,pp.955-956, 1992
  • 安原謙, 杉浦恒, 白井雅彦, 山海嘉之: "一足跳躍ロボットのメカニズムとその制御に関する研究", 第10回日本ロボット学会学術講演会 No.3,pp.953-954, 1992
  • 杉浦恒, 山海嘉之: "一足跳躍ロボットの最適ニューラルネットワーク制御", 第10回日本ロボット学会学術講演会 No.3, pp.947-948, 1992
  • 杉浦恒, 安原謙, 山海嘉之: "ニューラルネットワークによる一足跳躍ロボットに関する研究", 計測自動制御学会 第31回学術講演会予稿集,pp.693-694, 1992
  • 甲斐郁子, 安原謙, 杉浦恒, 山海嘉之: "神経回路網を用いた跳躍ロボットのリズムパターン形成機構に関する研究", 計測自動制御学会 第31回学術講演会予稿集, pp.689-690, 1992
  • 林原靖男, 太田道男, 山海嘉之: "視覚代行装置に関する基礎的研究", 計測自動制御学会第31回学術講演会予稿集, pp.461-462, 1992
  • 塩谷武, 田東, 水藤太郎, 太田道男, 山海嘉之: "透析治療における循環系モニターに関する研究", 計測自動制御学会 第31回学術講演会予稿集,pp.279-280, 1992

1991年度 

   
  • 杉浦恒, 佐竹誉大, 山海嘉之: "ニューラルネットを用いた一足ロボットに関する基礎的研究", 第9回日本ロボット学会学術講演会 No.2, pp.641-642,1991